ブログ開設しました♪

フリマアシストProの設定方法(iPhone編)

iPhoneを使ったフリマアシストProの設定方法です。

Windowsでの手順を記載していきますが、基本的にはMacでも同様の流れになります。

iPadでも同じように設定可能です。

接続環境の確認

PCとiPhoneが、同じWi-Fi無線LANルーター内で、インターネット接続されている必要があります。

※PCとルーター間は、有線・無線どちらでも構いません。


 

この環境が実現できない場合は、下記ページから設定してください。

関連記事

フリマアシストProの設定方法です。 Windowsでの手順を記載していきますが、基本的にはMacでも同様の流れになります。 各種インストール フリマアシストProは、Google Chromeの拡張機能です。 拡張機能を動[…]

各種インストール

フリマアシストProは、Google Chromeの拡張機能です。

拡張機能を動かすためには、スマホアプリからメルカリ・ラクマ・ヤフオクの情報を抽出する必要があり、通信を解析するためのソフトをインストールする必要があります。

フリマアシスト

Chrome ウェブストアにアクセスして、インストール。

とても鬼畜なツールのため、一般公開を終了しました。
どうしても利用したい方は、LINEからお問い合わせください。

Charles

公式サイトから、環境に合うものをダウンロードしてインストール。

Macで以下のウィンドウが出たら、「Grant Privileges」を選択してください。

この画面が表示された場合、こちらをダウンロードして、インストールしてください。

Charlesのセットアップ

Charlesを起動します。

Windows セキュリティの警告が出たら、アクセスを許可してください。

以下、画像に従い設定を行ってください。

Proxy Settings

SSL Proxy Settings

半角のアスタリスク「*」を入力してください。

証明書のインストール

WindowsとMacで手順が異なるのでそれぞれ記載します。

最初の手順は共通で、「Install Charles Root Certificate」を開きます。

Windowsの手順

Macの手順

Local IP Address

このIPアドレスをメモしておいてください。

iPhoneのセットアップ

プロキシ設定

プロキシ設定の前にCharlesを起動しておく必要があります。
30分経過による強制終了がされていないか確認してください。

PCと同じネットワークにあるWi-Fiに接続して、Wi-Fiのプロキシ設定を行います。




Charles側で、以下のポップアップが表示されたら「Allow」を選択してください。

証明書のインストール

iPhoneのSafariで「http://charlesproxy.com/getssl」にアクセスして、証明書をインストールしてください。













アプリ情報の抽出と設定

Charlesを起動しておきます。

メルカリ

iPhoneのメルカリアプリを起動します。

上手くいけば、 Charlesに通信データが表示されるので、左下の Filter に「mercari」と入力して絞り込みを行います。

「https://api.mercari.jp」を探して開きます。

「https://api.mercari.jp」の下の階層の何れかをクリックして、情報を表示させます。

上タブ「Contents」、下タブ「Headers」から、5つのデータを順番にコピーして設定画面に貼り付けていきます。

・user-agent

・x-app-version

・x-mcc

・x-platform

・authorization

各項目をダブルクリックすると別ウィンドウが開くので、それをコピーしてください。

Google Chromeの拡張機能の場所にある「フリマアシスト」を右クリックして、オプションを選択します。

オプション画面にコピーした情報を貼り付けます。

残りの項目も同様にコピーして貼り付けていきます。

次に上タブ「Contents」、下タブ「Query String」から、「_global_access_token」のデータを同様にコピーしてオプション画面に貼り付けます。

ラクマ

続いて、iPhoneのラクマアプリを起動します。

左下の Filter に「fril」と入力して絞り込みを行います。

「https://api.fril.jp」を探して開きます。

「https://api.fril.jp」の下の階層の何れかをクリックして、情報を表示させます。

上タブ「Contents」、下タブ「Headers」から、「authorization」のデータをコピーしてオプション画面に貼り付けます。

ヤフオク

続いて、iPhoneのヤフオクアプリを起動します。

どの商品でも構いませんので、一度ヤフオクの商品ページを開いてください。

左下の Filter に「auction」と入力して絞り込みを行います。

「https://auctions.yahooapis.jp」を探して開きます。

「https://auctions.yahooapis.jp」の下の階層の何れかをクリックして、情報を表示させます。

上タブ「Contents」、下タブ「Query String」から、「appid」のデータをコピーしてオプション画面に貼り付けます。

最後に保存ボタンを押して、設定完了です。

動作確認

Google Chromeでメルカリ、ラクマの商品ページにアクセスしてください。

メルカリ

出品日時、更新日時が追加表示されていれば問題ありません。

(販売済みの場合は、購入者も表示されます)

ラクマ

出品日時が追加表示されていれば問題ありません。

ヤフオク

出品者の評価一覧ページに、[オークファン][オークフリー]のボタンが表示されていれば問題ありません。

動作確認後

特に問題なければ、Charlesを終了してください。

iPhoneのWi-Fi設定を元に戻してください。(プロキシをオフにしてください)

補足

拡張機能の同期に対応

Googleアカウントの同期により、同アカウントで複数のPCにログインされていれば、すべてのPCにインストールとオプション設定が自動的に行われます。

ただし、拡張機能の都合上、自動的にインストールとオプション設定が行われたPCや、他PCでオプション設定を更新されたPCに関しては、オプション画面を一度開く必要がありますのでご注意ください。

最初に一度開けば、その後は特に何もしなくて問題ありません。

正常に動作しなくなった場合

メルカリ、ラクマ、ヤフオクのアプリは日々バージョンアップされており、アプリ情報を抽出した時の古いバージョンのデータでは、正常に動作しなくなることがあります。

その場合は、再度アプリ情報を抽出して、オプション設定をやり直してください。

最新情報をチェックしよう!

フリマアシストProの最新記事8件